FX自動売買入門〜楽に儲ける〜 

【先行販売中!】ミリオントレードFX〜堅利〜

らくらく儲けるしっかり儲ける利益率が跳ね上がる自動売買システムの秘訣を教えます。タダで・・・教えちゃいます。

サイトマップ

リアルタイムのトレード状況を表示する

ログインからトレード結果の確認まで。



肝心なのはどのシステムにどれだけお金を自動売買させるか。

FXCMジャパン証券の「ミラートレーダー」を例に、ツールの見方を説明します。なお、FX会社が違っても、Tradency社のトレードツールを採用している場合は、ツールの使い方がほとんど変わりません。

ツールの画面は、大まかな機能別に「システム検索」「ポジション」「ポートフォリオ」「レート」「口座の履歴」などのタブで構成されています。


●リアルタイムのトレード状況を表示する

「ポジション」タブは、主にその時点のトレード状況を見るために利用します。

画面はその時点で持っているポジションの状況がリアルタイムで表示されます。

緑色で示されるのが含み益を出しているポジション、赤で表示されるのが含み損で、その時点の損益状況がひと目でわかります。

しかし、システムによる自動売買では、トレーダー自身が見ていないときにポジションがオープン、クローズされるケースが多く、リアルタイムのポジションを見ることはあまり重要なことではありません。

その時点までにどのような売買をして、どのような成績を得たかという経緯がトレーダーによっては重要なのです。

システムによる売買の経緯は、「ポートフォリオ」タブ→システム→「システムの取引履歴」タブで見ることができます。

ポートフォリオ

リアル口座の場合は手動による売買も可能です。

ただし、一般のFXトレードツールと比較すると非常にシンプルな機能しかないので、特別の事情が生じて、強制的にトレードを中止させる必要があるときに利用する補助的な機能だと思った方がよいでしょう。

W2C-Clipper「クリッパー【FX自動売買ソフト探しからの解放】MT4資産運用システム」
なぜFXは儲かるのか
スワップポイントも利益になる
FXと外貨預金
ゼロサムゲームの厳しさ
情報に振り回される危険性
ハイレバレッジの罠
心理的要因による判断ミス
FXとの出会い
投資の3原則
FXは自動売買に向いている
システムトレードを定義する
システムトレードなら判断ミスが避けられる
ルールはどのようにつくられるか
用語の意味
システムトレードのステップ
アマチュアはプロにはかなわない
システムには寿命がある
画期的なツール
システムトレードで好転
ノウハウが蓄積できる
あいまいさが排除される
心理的リスクの回避
時間が大幅に短縮できる
計算ミスが減少する
資金の管理が簡単になる
ルールが厳守される
24時間の取引が実現する
リスクが軽減される
プレイヤーから監督に昇格する
投資のプロとチームが組める
複数のシステムでリスク分散できる
システムの切り替えが安定した利益を導く
システムトレードは万能ではない
優れたシステムはほんの一握り
コンピュータに関する専門知識が必要
誤動作やシステムダウンのリスク
ファンダメンタルズ分析に弱い
これだけは知っておきたい
サイコロゲームは損か得か
回を重ねるごとに期待値に近づいていく
期待値がプラスなら試す価値あり
回り道をしても目的地には辿りつける
リスクを把握するための指標
リスクの額を即座に答えられるか
最悪のシナリオを想定しておく
連続負け数に注目する
リスクが見えていれば的確な判断が下せる
将来予測を幅で絞り込むことができる
戦略的なトレードが可能になる
性格の違うシステムで比較してみよう
リスク許容額を設定する
2つのシステムを組み合わせてリスク分散を
よりリターンの多いシステムを選ぶ
システムの組み合わせは性格の異なるものを
システムを選ぶときに注目したい項目
真の最大ドローダウンを予測しよう
期待値を予測しよう
いつシステムに見切りをつけるか
トレードツールはどうやって選ぶ
このトレードツールに注目
必要最小限の操作で様々なオーダーが可能
デモ口座は即日開設できる
リアル口座を開設しよう
リアルタイムのトレード状況を表示する
システムを選んでポートフォリオをつくる
トレード結果を確認する
利用可能なシステムの実績データをみる
長くトレードするからこそ勝てる
【新発売】FX初心者でも空いた時間にぱぱっと稼ぐ、究極のスキャルマジック- 恋スキャFXビクトリーDX完全版
リンク集
ENDEAVOR FX
池島麻美のROYAL5FX
Maestro FX

【支持されて一周年】FX初心者でも空いた時間にぱぱっと稼ぐ、究極のスキャルマジック- 恋スキャFXビクトリーDX完全版
銀行 審査



FX自動売買入門〜楽に儲ける〜 All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。