FX自動売買入門〜楽に儲ける〜 

【先行販売中!】ミリオントレードFX〜堅利〜

らくらく儲けるしっかり儲ける利益率が跳ね上がる自動売買システムの秘訣を教えます。タダで・・・教えちゃいます。

サイトマップ

デモ口座は即日開設できる

Tradency社のツールの魅力のひとつに、実際の現金を使わず、仮想マネーを使って現実の取引に近い売買を体験できるデモトレードがあります。



実際の取引を行うためのリアル口座を開設するためには数日から2週間前後かかりますが、デモ口座はホームページ上で簡単な手続きを行うだけで、ほとんどの場合、即日開設できます。

FXCMジャパン証券の「ミラートレーダー」を例に、デモ口座の開き方を解説します。

サイトにアクセスする

必要時効を入力、送信する

トレードツールの立ち上げ、ログイン

デモ口座の開き方からログインまでの手順は以上です。デモ取引の画面は、一部機能を除き、基本的にリアル取引と同じ動きをしています。

そこで、いきなりリアル取引を始めるのではなく、デモ取引で操作に慣れておいたほうがよいでしょう。

リアル取引ではシステムをいったん稼働させると、その後は完全に自動売買を行います。

選択したシステムによっては、同時に複数のポジションを取得する場合もあり、想定外の大きなポジションを取得してしまう危険性があるからです。

また、デモトレードは、リアルトレードではできないような「攻め」のポートフォリオを試してみたり、今後利用してみたいと思っているシステムの売買時の挙動を事前にチェックしておき、リスクを判断することに使えたりするので、リアル口座開設後も非常に有効なツールになり得るのです。

W2C-Clipper「クリッパー【FX自動売買ソフト探しからの解放】MT4資産運用システム」
なぜFXは儲かるのか
スワップポイントも利益になる
FXと外貨預金
ゼロサムゲームの厳しさ
情報に振り回される危険性
ハイレバレッジの罠
心理的要因による判断ミス
FXとの出会い
投資の3原則
FXは自動売買に向いている
システムトレードを定義する
システムトレードなら判断ミスが避けられる
ルールはどのようにつくられるか
用語の意味
システムトレードのステップ
アマチュアはプロにはかなわない
システムには寿命がある
画期的なツール
システムトレードで好転
ノウハウが蓄積できる
あいまいさが排除される
心理的リスクの回避
時間が大幅に短縮できる
計算ミスが減少する
資金の管理が簡単になる
ルールが厳守される
24時間の取引が実現する
リスクが軽減される
プレイヤーから監督に昇格する
投資のプロとチームが組める
複数のシステムでリスク分散できる
システムの切り替えが安定した利益を導く
システムトレードは万能ではない
優れたシステムはほんの一握り
コンピュータに関する専門知識が必要
誤動作やシステムダウンのリスク
ファンダメンタルズ分析に弱い
これだけは知っておきたい
サイコロゲームは損か得か
回を重ねるごとに期待値に近づいていく
期待値がプラスなら試す価値あり
回り道をしても目的地には辿りつける
リスクを把握するための指標
リスクの額を即座に答えられるか
最悪のシナリオを想定しておく
連続負け数に注目する
リスクが見えていれば的確な判断が下せる
将来予測を幅で絞り込むことができる
戦略的なトレードが可能になる
性格の違うシステムで比較してみよう
リスク許容額を設定する
2つのシステムを組み合わせてリスク分散を
よりリターンの多いシステムを選ぶ
システムの組み合わせは性格の異なるものを
システムを選ぶときに注目したい項目
真の最大ドローダウンを予測しよう
期待値を予測しよう
いつシステムに見切りをつけるか
トレードツールはどうやって選ぶ
このトレードツールに注目
必要最小限の操作で様々なオーダーが可能
デモ口座は即日開設できる
サイトにアクセスする
必要時効を入力、送信する
トレードツールの立ち上げ、ログイン
リアル口座を開設しよう
リアルタイムのトレード状況を表示する
システムを選んでポートフォリオをつくる
トレード結果を確認する
利用可能なシステムの実績データをみる
長くトレードするからこそ勝てる
【新発売】FX初心者でも空いた時間にぱぱっと稼ぐ、究極のスキャルマジック- 恋スキャFXビクトリーDX完全版
リンク集
ENDEAVOR FX
池島麻美のROYAL5FX
Maestro FX

【支持されて一周年】FX初心者でも空いた時間にぱぱっと稼ぐ、究極のスキャルマジック- 恋スキャFXビクトリーDX完全版
カードローン 計算



FX自動売買入門〜楽に儲ける〜 All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。